アラドゥロッソ?

알다 の少し応用編。


알아듣다

「アラドゥッタ」

です。


알아듣다

「アラドゥッタ」 は、「聞き分ける・聞き取る」という動詞です。


分かる = 알다 アルダ


と、


聞く = 듣다 ドゥッタ

の動詞が組み合わさって、


알아듣다 アラドゥッタ = 聞き分ける


ですね。


私の日常生活では、こんな使われ方をされます。


▽ 한국말 알아들었어요?

  ハングンマル アラドゥロッソヨ?

  韓国語、聞き取った?


※ 알아들었다 アラドゥロッタ = 聞き取った(過去基本形)

※ 알아들었어요 アラドゥロッソヨ = 聞き取りました。(過去形:丁寧な口語表現)


私は日本人ですから、韓国語をしっかり聞き取れているか不安なのでしょう。

「言葉をちゃんと聞き取ったか?」という意味で、しばしば言われます。


しかし韓国ドラマではこんな使われ方、よくありますよ。


怒り心頭に達した人(特に女性^^;)が、感情に身を任せて激しくまくし立て
るシーンの最後のひと言。。


▽ 내 말 알아들었어 !?

  ネ マル アラドゥロッソ!?

  私の言葉、聞き取った!?(=理解した!?)


こういう言葉をたくさんまくし立てるシーンでは、


▽ 알았어?

  アラッソ?

  わかった?


と聞くのではなく、


▽ 알아들었어?

  アラドゥロッソ?

  聞き取った?(=理解した?)


とするところが、面白いですね。


意味は、ほぼ「ちゃんと分かった!?」という意味で使われています。^^


ドラマを観ながら、こういうちょっとしたニュアンスも楽しんでみて下さい。